房作り

  • 2008/05/27(火) 22:12:14

200805272212142
20080527221214
こちらは巨峰の房です。一本のつるに2房〜3房つくのですが一番よいものを1つだけ残し切り落とします。『せっかく大きくなったのに…』と情がわいてしまいますが甘くておいしいぶどうを作るため、心を鬼にして作業します?!さらに1つ残った房を下の画像のように下を少しだけ残して切り落とすのです。次はどうなっていくのか想像がつくでしょうか?まだまだ沢山の作業があるんですよ。 ブドウ農家の動きがトップギアに入りました。

誘引

  • 2008/05/25(日) 23:33:12

20080527213312
この時期、ぶどうは日に日に、ぐんぐん成長します。上にむかって伸びていくつるを棚にとりつけていきます。慎重にしないとせっかく房のついたつるが、ポキンと音をたてておれてしまいます。その感触はなんとも言えず悲しいので、無理せずするのですが…。

デラウェアの花

  • 2008/05/24(土) 20:48:28

200805272148282
20080527214828
『ぶどうの花ってどんな花ですか?』
お客様によく質問されますが、まさにいまが見頃です!白い花を思わせる甘い香りが棚の下にふんわり柔らかに香っています。桃の花の様に華やかではありませんがとっても控えめに咲いているんです。ちゃんと雄しべと雌しべがみえますよ。

ジベレン処理

  • 2008/05/18(日) 21:36:01

20080520213601
ブドウ農家の動きが少しずつ慌ただしくなるこのごろ。
『デラウェアのジベレリン処理』。
ぶどうを種なしにするための作業です。水溶液に食紅(つけたかどうか見やすくするためです)をとかしたピンク色の液体を一房一房つけていきます。
これに適した時期があり、また、直後に雨が降るとやり直さなければならず、毎日天気予報とにらめっこ。
どうか雨が降りませんように。

デラウェア。

  • 2008/05/15(木) 20:54:15

20080515205415
雨上がりの青空。空気は澄んで気温も25℃。すくすくと花穂が成長してきました。